インターネット予約

menu

診療案内

ドライマウス

ドライマウス(口腔乾燥症)とは口腔粘膜が乾燥する症状のことです。現在、ドライマウスにかかっている患者さんは、日本国内に800万人から3000万人と推定されています。
最近では増加傾向にあり現代病として非常に注目されている症状です。

このドライマウスの原因は、現代人に多い不規則な食生活や精神的ストレス、薬物の副作用や口呼吸などの癖の問題、他の全身疾患の二次的な症状などと実に多岐わたっています。

治療法には虫歯や歯周病のコントロールはもちろんのこと、生活指導、漢方治療、筋機能訓練、専門的なドクターズサプリメントの活用などさまざまな治療法があります。
検査結果をもとに現在の病状と今後の治療方針を詳しく説明し、実際の治療にあたらせていただきます。

ドライマウスの症状

ドライマウス(口腔乾燥症)

オンライン診療「クリニクス」

診療時間

月-金 9:30から13:00/14:30から19:30 ただし水曜は午後診なし 土曜午後診は14:00-17:30 日祝は休診
祝日のある週の水曜日は午後診あり 土曜午後診は14:00-17:30 日祝は休診
オムツ替えのあるトイレ
recruit

〒559-0034
大阪市住之江区南港北1丁目17-19
ベイサイドシティコスモスクエア駅前301